なつく仔猫の
育て方

〜ブリーダー歴30年以上!ベテラン師匠直伝〜

1.お迎え後の生活

(➕を➖に変えると文章が出てきます)

Created with Sketch.

🌼ブリーダーの室温がどのくらいであったのかを聞いておく事も大切です。急な温度変化は禁物です
 
当舎の飼育環境状況=常に湿度40%にしています。夏季の温度設定は25~28度/冬季は24~26度、サーキュレーターを使用して上下の温度差をなくし、猫のいる床付近もおよそ設定温度になり、省エネにもなります。猫に直接の風が当たらない工夫も必要です


新しい環境を仔猫はどう思っている?

🌼新しい環境(空間/飼い主様/先住動物)お迎えされた猫ちゃんは全てが知らない世界ですね
広い空間におかれた時、今まで感じた事のない恐怖心が湧き上がり、ストレスならびに以後の生活に影響を与える事になるかも知れません
新しい環境内に早くにテリトリーを作る事が大事だと思います(以下参考例)

 

警戒心を解く為の大事なケージ生活

🌼そこで、迎え入れた日から全ての生活がケージの中で出来るよう事前にセットし、更に前面以外のケージ面を一時的に塞いであげるといいです(防衛範囲が少なく、ストレスの軽減になります)

🌼湿度が高くなる事を避け(熱中症の危険性があります)、逆に湿度が下がり過ぎるとウイルスが活発になり風邪を引きやすくなり事を気に止めていて下さい

 

🌼猫は狭い空間を好む場合もございます。早くに自分のテリトリーを作ってあげる事で新しい場所への安心感が少しずつ出てきます。最低3日間以上ゲージ内でのワンルーム生活をさせ、あまりのぞき見(猫はガン見されるのを恐がります)をしないであげて下さいませ

🌼飼い主様は、食事/お水/おトイレ掃除などのお世話、トイレの失敗の無いよう配慮しつつ、猫じゃらしなどで遊んで、スキンシップをとってあげて下さい。仔猫の緊張感もほぐれてきます

 

※良くある行動に...全面ケージをよじ登ったり、外に出たがる行動をしますが、これは外に出て遊びたい訳ではありません。 距離感が解らずケージから出て、生まれ育った安心出来るお部屋が直ぐ近くに有ると思い、育ったお部屋に戻りたい一心での行動です。勘違いしないであげて下さい

 

 "新しい環境は、飼い主さんは自分に対して何もしてこない安全な人である事、自分の安心できる環境である事を認識できる大事な期間だと思います
充分に時間をかけ焦らず対応して下さい。見極めは飼い主様のご判断となります"

 

先住動物がいる場合の対面のさせ方

🌼先住動物がいる場合、飼い主様の充分な配慮が必要になり、ケージ生活は長くなるかもしれません。新入りちゃんをケージ内に、先住とケージ越しでの対面飼育をして下さい。喧嘩に発展はしないのは、大事なことです
猫という動物は、中には最初の出会いの嫌な出来事で生涯仲良くなれない事も有りますのでご注意下さい。この場合も見極めは飼い主様に判断して頂く事になります

 

トイレ習慣のつけさせ方も、ケージから

🌼ケージ飼育での数日間で、トイレの習慣付けができる様になります
(猫は、学習させる生き物です。トイレに関しては、猫の本能を利用した環境条件をつくれば良いだけの事と思います)

決まった場所にトイレがあり、そこでトイレをする事を繰り返す事によって、ケージから出す時が来ても自分からケージ内のトイレにしにいく様になります

ケージからの解放生活

🌼数日後、様子を見て扉を開放して下さい
元気に飛び出してくる子もいれば、恐る恐る出てくる子もいます。探検行動が始まり、色々な所を確認して歩きます。この時、こわくてこわくてたまらない状況になる子もいます、ケージ内にいつでも帰れる様に、扉は閉まらない様工夫してあげて下さい

 

トイレ/お水/フードもそのままで移動しない方が良いと思います。最初のテリトリーの場所は、仔猫にとって初めて出来た1番安心できる場所になっているからです。人でも慣れた空間が心地よく安心できる様に、仔猫も同じなのです

猫ジャラシなどで遊び、楽しいものにて気をそらせると、遊びに夢中なりますね。いきなり捕まえて抱っこするよりも、自由にしてあげて沢山遊んであげるようにしてあげて下さい
猫ちゃんから擦り寄ってくるのが理想的です。猫ちゃんが心を開き、飼い主様を(ママ/パパ)と認知してくれるまで待つ方が良いでしょう。

猫ちゃんは心をまだ開いていない相手にしつこく触られる事をとても嫌います、かまい過ぎると...イヤがって逃げ、さけられる様にもなってしまう事があります

2.猫とのコミ二ュケーション/スキンシップ 

(➕を➖に変えると文章が出てきます)

Created with Sketch.

🌼猫ちゃんは、心を開いてない相手に対し首より下を触られるのを、恐がったりする事があります。1日の中のこの時間はと決めて、猫とのスキンシップをしましょう。好むおやつ/チュール等、お腹の調子に影響の無いよう加減し、用意して下さい(与えすぎはウンチが軟便になる為、禁物)
 
🌼例えば、”スリッカーでとかすのを嫌がる”などの場合は、手のひらなどにチュールを少量出してなめさせてあげる
舐めてる時、最初はスリッカーで一撫でする位とし、これを何度も繰り返し、毎日繰り返し、徐々にあちこちとスリッカーで撫でる場所を変ていく

猫は、”スリッカーで撫でられると同時にいい事が有る”と学習し、嫌がらなくなります。必ずほめてあげて下さいね
 
これを応用して、必ず1つずつクリアしてから、他の事も挑戦してあげて下さい

コツは、”念入りに”は駄目です。”嫌がる前に辞める”を心がけましょう!

3.猫の食事と管理

(➕を➖に変えると文章が出てきます)

Created with Sketch.

猫は肉食動物

🌼猫ちゃんは本来狩猟動物で、生肉等を食べていた、肉食動物

生肉を食べる事は免疫力を高めるともいえますが、猫ちゃんを飼われる時、中々害の無い(寄生虫/その他)生肉を与える事に勇気がいるのが現状ですね。新鮮な生肉があれば与えるのも良い事です(鹿/牛肉/馬肉等=免疫力UP。ただ急に生肉を与えられると下痢をおこす事もある為、食事内容を変える時には注意が必要です)。トキソプラズマ原虫にも注意です!


🌼ブリーダーの殆どは、猫ちゃんにドライフードと、その他ウェットフードも与えています。柔らかいフード(ウエット)を主食とすると、ドライフードよりも歯石等が付きやすいというデメリットが